今、老人ホームを考える

トップページ

入居一時金と利用料

一般向けになってきたとはいえ、老人ホームではいったいどのくらいの費用がかかるものなのでしょうか。老人ホームのかかる費用は各々老人ホームによって異なりますが、どのような内容で設定されているのでしょうか。老人ホームについて、いろいろ知っておきましょう。

入居費用はいかほど?

有料老人ホームの入居費用というのは、老人ホームに入居するための費用、入居するための一時金、月ごとの利用料がかかってきます。

また、老人ホームの入居の一時金には、返還金制度というのもあります。この老人ホーム入居時一時金については、老人ホームによって異なりますので、必ず、確認してください。それぞれの老人ホーム費用の仕組みについて紹介いたします。

入居一時金

老人ホームの入居一時金というのは老人医療と同じくらい重要な要素です。

専用の個室や共用のスペースを利用する権利を取得するための費用です。一般の賃貸でいうと、家賃にあたる額の前払いのようなものでしょうか。老人ホームの入居一時金の金額は各々の有料老人ホームによって、変わってきます。ある老人ホームでは、数十万円であったり、ある老人ホームでは数千万円だったりと、バラエティにとんでます。

最近、見られるようになってきたのが老人ホーム入居一時金なしです。競合する老人ホームも増えてることもあって、そんな売り出しもあるのでしょう。この老人ホーム入居一時金には、償却期間があります。それぞれの有料老人ホームによって、仕組みは変わってきますが、数年~20年くらいがもっとも一般的な様です。

この場合、老人ホーム入居一時金の償却期間が過ぎたらどうなるのか…基本的には月額利用料を支払うことで、老人ホームでの生活が続けることができるようです。有料老人ホームによっては、償却期間終了後、新たな契約が必要というケースもありますので、それぞれの老人ホームに入居前に必ず確認しましょう。

老人ホームの月額利用料というのは、管理費、食費、水道光熱費、人件費等、毎月必ず支払う費用として設定されている料金のことです。老人ホームによって、その多様な料金の設定方法は様々です。料金設定や内訳は、老人ホームによってそれぞれ異なるようなで、諸経費については、使った分だけ別に支払わなくてはいけない老人ホームもあります。

生活によっては、このような諸経費で、老人ホームでの生活費用がうんと変わる場合もありますので、キチンと事前に老人ホームに確認しましょう。また老人ホームによっては、入居一時金を低めに設定して、家賃相当額を月額利用料とする老人ホームもあり、この部分については様々です。

これに加え、老人ホームで介護サービスを受ける場合については、介護保険の特定施設入所者生活介護や、または在宅サービスの一割を自己負担で支払う必要のある老人ホームもあります。 その他に、介護費を別途徴収するホームもあります。介護専門室や系列ホームに移転するときに、料金が発生する場合がありますので、事前に確認しましょう。

返還金制度

返還金制度というのは、未償却分の入居一時金の返還のことをいいます。入居一時金の償却期間内で、老人ホームを出た時に発生した未償却分入居一時金を返還する老人ホームもあります。

入居一時金の取り扱いは、老人ホームによって様々です。老人ホームに入居したときにすでに初期償却分として差し引かれることがほとんどです。このような償却制度については老人ホームによって異なりますので、入居前に確認をしましょう。

また、どんなに短い期間、たとえ、一日でも初期償却としてひかれてしまうんです。返還金制度については老人ホームによって細かく異なります。老人ホームには返還金の戻される期間も確認しましょう。

おすすめWEBサイト 5選

ファイナンシャルプランナーを学ぶ

大型のスーツケース

2018/6/7 更新