今、老人ホームを考える

トップページ

老人ホーム入所基準

老人を介護する施設のこと、いろいろ紹介しているページです。

介護施設

介護老人福祉施設とは、どんな施設のことを言うのでしょう。在宅介護が困難な要介護者(1~5)で、65歳以上の人が利用できる施設のこと、高齢者を中心とした介護のための施設介護老人福祉施設というのです。

老人福祉法では特別養護老人ホームと呼ばれています。
現在は特別養護老人ホームの入所可能者数が約40万人なのに対して、特別養護老人ホームの入所を希望しているひともほとんど変わらない40万人ほどといわれています。

特別養護老人ホームは日常生活の介護や機能訓練、レクリーションなどがサービスの中心になっています。人気が高いため、待機者も多いこの特別養護老人ホームの入居まちに関しては、申込順ではありません。

介護の優先度順となっています。要介護の度合いとか、介護をしてくれる人の状況とか、その他の介護において緊急を伴うかといった判断から、地方自治体・施設が定めた特別養護老人ホームの入所基準に基づいて、特別養護老人ホームの待機者名簿が作成されています。

その名簿をもとに、特別養護老人ホームの施設長・特別養護老人ホームの介護職員・特別養護老人ホームのケアマネージャーらから構成される入居判定委員会での話し合いにより、特別養護老人ホームの入所の優先順位が決められることになります。

特別用語老人ホームの補助金

特別養護老人ホームは、地方自治体に多額の補助金が支給される仕組みになっているので、建設には行政の指導が入ります。そのことから全体的に同じ様な作りの建物になっています。サービスの内容もあまり個性的ではありません。4人程度の相部屋となっています。

あまりプライバシーが無いとか、生活の質が低いとか、そのような問題点もある様です。10人をひとまとまりに介護するユニット型の個室タイプでなければ、あらたに特別養護老人ホームを作れなくなっていますが、現状ではまだユニット型の特別養護老人ホームは、特別養護老人ホームは全体の四分の一程度しかありません。特別養護老人ホームは福祉型の施設であることから、在宅での日常生活が可能になったら、本人や家族の希望等をふまえて、在宅生活への復帰を念頭に置いてるので、スムーズな特別養護老人ホームの退所のための支援を行うことになっています。

有料老人ホームの選び方の一つとして、特別養護老人ホーム施設サービス計画に基づいた入浴・食事等の日常生活の世話、機能訓練、健康管理にも注目です。

特別養護老人ホームでは特別養護老人ホーム施設サービスの費用は介護保険の適用にあたるため、1割の負担で良いとされています。ですから特別養護老人ホームは他の介護保険施設に比べ、低額となります。

ただし、特別養護老人ホームではトータルの費用は施設により、変わってきます。特別養護老人ホームでは月額の総費用は、要介護度と利用日数、さまざまなサービスで契約内容が様々だからです。そして、なにより、低所得者には、居住費、食費、負担限度額の減額申請ができるという軽減制度が特別養護老人ホームでは用意されています。

特別養護老人ホームは割高

特別養護老人ホームでも総体的には高額になることもありますので、じっくり検討しましょう。特別養護老人ホームの入居については、数年も待つケースもある様です。


介護老人保健施設や介護老人福祉施設など介護施設はとてもたくさんあります。それぞれの施設によって、サービスはことなり、特徴の違い、入居するための条件、入居費用など違いがあります。

check

キレイモ名古屋駅前店では、一人一人のお客様に寄り添ったサービスを提供してくれます。

名古屋の脱毛サロン

キレイモ名古屋駅前店
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目26−7 UFビル9階
電話:0120-444-680

2018/11/20 更新